まるちゃんの静岡音頭を踊って動画コンテストに応募してみた

全国的にも有名なアニメ「ちびまる子ちゃん」がモチーフとなっている「まるちゃんの静岡音頭」を皆さんはご存知でしょうか?
はる蔵は当ブログの相互リンク・Twitterでお世話になっているすんさんのブログで初めて知ったのですが、今回はまるちゃんの静岡音頭コンテストに応募するためにその音頭を踊って動画作品を制作することにしました。

まるちゃんの静岡音頭を踊ってみた

※コンテスト応募作品です。

コンテスト応募への経緯

まずは動画コンテストを知ったきっかけから。

ブログ更新のネタを撮影するその当日に静岡県中部地域へ撮影に行こうと思っていて、いろいろ調べていたのですが、そこでまるちゃんの静岡音頭連事務局という公式サイトを発見。
ってか音頭の公式サイトってなんだろ?って気になりますよね。
まるちゃんの静岡音頭コンテスト
そんなこんなで動画コンテストを2013年12月9日に知ったわけなんですが、応募締切が2013年12月27日。
制作期間がたったの18日だけですし、ただでさえ12月は山ほど仕事や予定があるし…正直迷いましたが「このネタは次はない」と思いチャレンジしてみることになったのです。

本来ならばも1人よりもすけぞぉと2人で一緒に踊って作品制作したかったんですが、時間的な余裕もなく、はる蔵1人で決行することになりました。

制作案と撮影

最初に動画制作案を考えたのですが、一番はまるみた.comらしさを取り入れる動画にしたいと思い、踊りながら静岡を紹介・PRできるような動画にすることにしました。
まるちゃんの静岡音頭の歌詞(さくらももこさん作詞)をご覧いただければ分かると思いますが、名物とか名所とかたくさん取り入れた歌詞なんですよ。
制作案
問題はその名物・名所の映像・写真は他者の著作物を使うわけにもいかないので、限られた時間内で自らその映像素材を撮影しに行かなければならないということ。
どうせ行くならまるみた.comのブログ更新用に各地ゆっくり撮影したいところなんですが、それは妥協し映像素材に使うためだけの撮影に行ってきたわけです。

振り付け

まるちゃんの静岡音頭の振り付けはパパイヤ鈴木さんが担当したそうです。作詞といい豪華な制作陣ですね。話が脱線するので、その他制作陣は公式サイトでご覧ください。
振り付け
音頭と言うと盆踊りのような和のイメージがあるんですけど、まるちゃんの静岡音頭は和の要素も混ざったキュートで若さのある振り付けになっております。
まるちゃんの静岡音頭にぴったりって感じ!はる蔵の動きは微妙なんで…伝わらないかもしれませんが(笑)

はる蔵的には少しタイミングが難しい部分もあって難しかったと思うのですが、通常レベルのリズム感・通常レベルのセンスがある方なら簡単な振り付けでしょう。

まるちゃんの静岡音頭の動画制作

動画制作のポイントは静岡紹介用と踊り用の映像を二分割してみたことです。
それと覚えてもらうのであれば歌詞付けは欠かせないかなと思い、歌詞を入れました。
動画制作
実は動画編集が苦労したものの、細かい点でかなり妥協して作りました。
また編集だけではなく、踊りも微妙に間違えてるというか誤魔化してるし、多少アレンジしてるし(笑)本来ならば完璧で応募したかったんですけどね…。

時間のなさを理由にはしたくないのですが、少ない期間の割にはこれで上出来だと自分自身に言い聞かせて動画制作を終えたんです(笑)

あとがき

はる蔵的には期間的にもコンテスト優勝(動画再生回数上位)はどうひっくり返っても無理だと思い、その他の賞を狙っていたんですけど、すけぞぉが最後まで頑張ってPR(広報)してくれるそうですので、それに期待しております。もちろんはる蔵も広報活動頑張りますぞ。
かなり無謀なことを狙っているので結果はどうなるかは分かりませんが、皆様も拡散のご協力をしていただければ幸いです。

最後に一言…まるちゃんの静岡音頭が全国的に広まってほしいのですが、まずは代表すべき静岡県民が踊れなくてはいけませんね。是非皆さんも覚えて踊ってみてくださいね!

撮影裏話オマケ

寿司を食べるシーン等で使う映像に関してなんですけど、すけぞぉと一緒にお昼ご飯を兼ねて回転寿司を食べに行ってきました。
撮影裏話オマケ「回転寿司」
そのシーンで使った動画では、はる蔵がたくさんの寿司皿を持っていますが、すけぞぉと一緒に食べました。はる蔵14枚、すけぞぉ9枚です(笑)
すけぞぉが協力してくれたおかげで無理してたくさん食べる必要がなくなったので感謝です。

記事作成者:はる蔵

スポンサーリンク

コメント

  1. 大伴細人 より:

    思ったよりも速くて激しい踊りですね。

    • はる蔵 より:

      程よく良い運動になりますよ★
      大伴細人も是非覚えて踊ってみてください!

コメントを残す

ページの先頭へ戻る