YouTubeで海外からの低評価…データ公開をしてみた

どうも!YouTubeで特に海外の人達に嫌われているまるみた.comです(笑)YouTubeに動画の評価ってあるんですが、その評価に低評価を押されてしまうのです。
単純に嫌われているのか?ただのアンチやいたずら的なスパム行為?なのか分かりませんが、海外からの低評価が多いんですよ。

以下がアナリティクス(解析画面)の詳細です。

これだけ見るとアメリカ合衆国に一番嫌われてます。そう考えると、日本人がメインで観ているのに日本からの低評価はないので、日本人は優しい方が多いなぁ。
YouTubeやってなきゃ世界の各国からこれだけ嫌われることもなかったとは思いますが、世界の一部の方に観られる機会もなかったと思わされましたね。

以下画像は日付別の評価です。

気にするな!アンチコメントや低評価の捉え方

■アンチとは?
特定の個人・団体・製品などを掲示板等で執拗に叩くものを指す。

アンチコメントや低評価をもらうとモチベーションが下がる時期もありましたが、今はほとんど気にしてません。

この記事のようにネタにも出来るし、もっとひどい状態だったらそれはそれで「低評価の数がヤバい動画」と話題にもなるかもしれないですしね(笑)ようするに捉え方をポジティブに持てばいいのです。それでも少しは残念な気分にはなるけどね(笑)

ではもう少し真面目に言うと、個性を評価する人もいれば否定する人までいます。これは自分でもそう。好き嫌いだってある。
万人に受け入れられようなんてことは、まずありえないことです。そりゃ嫌われるよりも好かれたい気持ちはありますが。

そしてまるみた.comの運営理念の一文を抜粋しますと「万人に役立てなくても、1人でも役立てることが出来るように…」です。
これを重視して考えていれば例え高評価数が1で、低評価が100でもいいんじゃないかな?って。されど多くの方に高評価をもらえるような動画を撮影する努力は致します。

あとね、誰が言っていたのか忘れてしまったのですが「例えアンチでも最低一回は再生してくれているんだから感謝をしなければ…」みたいなことを言っていました。
うんうん、そういう考え方も凄くいいねって思いました。

YouTubeだけじゃなくてブログのアンチコメントなどでもそうなんですが、深く考えず、そして根に持たず、ポジティブに物事を捉えるといいと思います。
これは多くの人が言っておりますが、削除・無視するか簡単に流す程度で終わらせましょう。

ムキになって受け答えに時間をかけるのならば、動画一本、記事更新した方がいいですよ。
自分のことを嫌いな人に時間をかけるくらいなら、読者やファンのためになる時間にした方が有意義ですよね。

あとがき

この記事を書きながら思いついたことなんですが、今度マイナス評価が多い動画のまとめ記事でも書こうかな(笑)とにかくポジティブに歩みます。

まるみた.comがアンチに負けないようにもし良かったらYouTubeの動画を観たら高評価ボタンもポチッとしてくれたら嬉しい限りです!皆様の応援が励みになるのでよろしくお願いします。

記事作成者:はる蔵

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ戻る